しばらくお休みしていましたけど、再開です。

 今期は5年ぶりにホームページを新しくしました。
ご覧いただけましたか?  だいぶお洒落になったかと思います。
弊社のホームページを管理、運営し助言してくれるのは、桝谷さんというパソコンのプロ!!心強い専門家です。
トップページはメリーゴーランドのように、ランドセルをぐるぐる回したい!! 各商品のページでもランドセルが回るようにしたい!! 何よりお洒落なホームページに!! という希望をしっかり受け止めて実現してくれました。 加えて、昨今のスマートフォンなどの小さな画面でもストレスなく見てもらえるように!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 年は5回目のイタリアを訪ねてきましたけど、そんな報告もここで発表していきますから…。
   どうかよろしくお願いいたします。
f0245594_8233249.jpg
 上の画像はイタリア ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の「最後の晩餐」 
レオナルダビンチの描いた有名な壁画です。22年前には修復中で見ることが出来なかった。厳しい人数制限と予約、わずか15分の観覧時間でした。暗い部屋でカメラを額に押し付け、ややアップ気味でASA6400でF8、1/25secという撮影データで撮りました。NEFで撮影し、上すぼまりな画像をphotoshopで修正しています。
        画像をダブルクイックすると大きな画像がご覧いただけます。
f0245594_2237287.jpg
元々は聖職者の食堂の壁だった部分にフレスコ画(一部テンペラ技法)で描かれたそうで、離れて見ると遠近法で絵の中心点と講堂がほぼ一致していているのがよく判ります。ストロボを使わなければ撮影はOKだったので、露出を変え、立ち位置やレンズも替えて100枚以上撮りました。 こんなに暗いのです。修復を重ね鮮やかな色と表現を見ることが出来、感激です。
f0245594_22324716.jpg
こちらは反対側の壁に描かれたフレスコ画。ダビンチとほぼ同じ頃、ジョヴァンニ・ドナート・モントルファーノが1495年に描いた「キリストの磔刑」 凄惨な場面を見事に表現している。 この建物は修道院の食堂として建てられたもので、第二次大戦では爆撃を受け崩壊!ところが危険を予想し人々が足場を組み土嚢を積んで壁画のみ守られたのだという。
f0245594_21233389.jpg
では最後にもう一度「最後の晩餐」をご覧ください。
f0245594_20491642.jpg
少しトリミングしてみました。WEB用で解像度が提げてあるのが残念ですが、キリストの掌、驚く弟子たちの指先までが繊細に表現されています。
          画像をダブルクイックすると大きな画像がご覧いただけます。     
             Nikon D800E 24-70mmF2.8 50mm F8 1/25sec ASA6400 +2.0ev NEF

ではではご一緒にコアなイタリア旅行をしましょう。
by nagae-bag | 2016-04-09 04:52